OVERTAKE

14_SMITH_SP16_ROAD_BRAND_14X10

 選べる9カラー。

各サイズ: S (51-55cm), M (55-59cm), L (59-63cm)

重量:250g 規格:CPSC, CE EN 1078

メーカー希望小売価格: ¥33,000-

kokuchi2

overtakerea

Matte Reactor Split

overtakefrost

Matte Lapis Frost Split

overtakewh

White

overtakemtb

Matte Black

overtakedisr

Matte Disruption

acid

MATTE ACID OMBRE

overtakerwb

Matte Red / White / Black

matteblack

MATTE BLACK

overtakeBSF-1

BSF

 
 
 

cap1

ベンチレーション

ベンチレーション

頭部の体温のコントロールはライダーのパフォーマンスを大きく左右します。

OVERTAKEのエアロコア構造は今までにない効率の良いヘルメット内での空気の循環を促します。

特許をもつコロイド素材のハニカム構造とEPSコアを組み合わせることにより、前方からの風をスムーズに後方に流しライダーの頭の熱を放出させます。

360°頭全体を包み込むベーパー・フィットシステムと薄手のライナーはライダーの頭とヘルメットの内壁の間に僅かなスペースを作りハニカムのコロイドの空間から頭で熱された空気を一気に放出します。

流体力学

流動力学

CFDと呼ばれるコンピューターを利用した空気の力学の性能を測る機能があります。

NASAのスペースシャトルから自転車用ヘルメットに至るまでいろいろなものを計測できます。

これによりヘルメットの形状による空気力学の違いを即座に導き出すことができるのです。

図をご覧ください。赤と明るい色のところは抵抗力が強く、パープルや濃い色のところは抵抗力が弱くなっています。

空洞実験をもとにしたデータとフィットの良さ、軽さ、ベンチレーション、衝撃プロテクションを統合したOVERTAKEはまさに業界NO.1のバイクヘルメットです。

エアロダイナミクス

 

OVERTAKEの優れたエアロダイナミックス(空気抵抗)は、風の抵抗を軽減する最新の技術とウインドチャネルと呼ばれる空洞実験装置が大きく貢献しています。

ウエイト

 

重量は非常に重要です。ただし、SMITH では軽ければ良いという考えはありません。

OVERTAKE の重量は250g です。

これより軽いヘルメットは存在します。

ただし、衝撃に対するプロテクション、フィット、優れたエアロダイナミクスを兼ね備えるヘルメットは存在しません。

cap2

FRONT VIEW

int1重要なことはアイウェアの上部とヘルメットのラインが(眉毛のラインと同等)並び、ベンチレーションと風の抵抗を考えられていることです。
ヘルメット横部がサングラスのテンプルに干渉しないことも、アイウェアのフィット感に大きく左右します。

SIDE VIEW

int2アイウェアのテンプルの長さが短いのがわかるでしょうか?
ヘルメット本体にあるフィットシステムに干渉しないようなデザインです。
フィットシステム自体は伸縮する特殊プラスチックを使用し後頭部にピッタリとフィットします。

int3

int4

int5

HELMET EYEWEAR INTEGRATION



如何にヘルメットとアイウェアが融合されたデザインを持ち、お互いに100%機能するかが重要です。
SMITHはアイウェアを使わない時のことも考えました。
図のように3WAYの収納が可能です。

cap3

overtake-fieldofview

一般的にアイウェアに求められるもの、それは光学的な性能です。バイクライドでは実はそれ以上に重要なものがあります。視界です。
SMITHのPIVLOCKシリーズのサングラスはフレームレスで“必要なもの以外は付けない”というデザインコンセプトのもと視界の広さを誇ります。
通常の姿勢で広範囲の視界が確保できるため、他のサングラスに比べ肩や首への疲れが軽減できます。
レース中のエネルギーは視界を確保するために肩や、首に使うのでなく、ペダルを踏む力に使うことができるのです。

rm222